北海道旅行がはじめての人のための旅行プランの立て方、ホテル、ツアー、観光、服装、靴情報

北海道旅行で新鮮なウニ食べたい!!時期とおすすめの場所は?


北海道旅行で新鮮なウニを食べたい人も多いのではないでしょうか。

ウニの季節は、6月から8月です。
夏休みの時期になりますね。

せっかく北海道旅行をするんだから新鮮なウニも食べてみたいですよね。

ウニはお寿司くらいでしかみたことがないですよね。
どーんとウニいっぱいというのは、やはりウニが獲れる場所に近くないと見ることがすくないかもしれません。

都会で食べるウニはなんか薬品臭さがありますよね。
この薬品臭さでウニが嫌いという人もいるのではないでしょうか。

北海道はウニの産地でもあります。
北海道はカニのイメージが強いですが、ウニも有名なんですよ。

北海道といってもとても広いです。
ウニが獲れるエリアは北海道の日本海側になります。

小樽の奥のほうの積丹半島近く(シャコタン)が有名です。
そして、もうひとつ。
稚内の離島である利尻島が有名です。

稚内まで行くのは遠いですが、積丹半島へは新千歳空港から積丹町まで高速道路を使って車で2時間40分です。

バスは本数がないので、レンタカーがおすすめです。
積丹半島といっても広いです。
余市、岩内、三国といったエリアです。

新鮮なウニ料理が味わえるホテルプランもあります。

まとめ

・北海道のウニの旬の時期は6月~8月
・北海道の日本海側でウニがよく獲れる
・北海道のウニの産地として有名なのは稚内の離島である利尻島と小樽の奥にある積丹半島

ウニづくしのある北海道小樽・余市・積丹・キロロのホテル一覧と口コミはこちら【楽天トラベル】