北海道旅行がはじめての人のための旅行プランの立て方、ホテル、ツアー、観光、服装、靴情報

北海道の温泉に泊まりたい!!市電で行ける函館湯の川温泉


北海道旅行をするのなら温泉にも泊まりたい!!という人もいるかもしれませんね。

温泉といえば夏よりも秋や冬に行きたくなるもの。
そうなると北海道は冬道になるので、レンタカーで行くのが怖いという人も多いことでしょう。

北海道の温泉で一番行きやすいと思う温泉は、函館湯の川温泉です。

函館湯の川温泉へは、市電で行ける温泉街です。
車がなくても問題なしですね。

函館湯の川温泉は、北海道3温泉郷のひとつです。

泉質は塩化物泉が多いです。
塩分が多く無色透明な温泉です。
湯冷めしにくいのが特徴です。
寒い北海道では助かりますね。

そして、函館の市電で函館観光も楽しめます。
函館山ロープウェイ、元町公園、五稜郭タワー、はこだて朝市、金森赤レンガ倉庫など市電で行けます。

また、市電湯の川駅からバスに乗ってトラピスチヌ修道院にも行けます。

函館湯の川温泉は、JR函館駅から市電で約30分、函館空港からバスで約10分と交通の便がいいところです。

函館湯の川温泉は、山奥の温泉とは違い、コンビニやお店があるので便利です。

反対に秘境を楽しみたい人には向いていないかも。

車のない人にとっては、観光と宿が近いところがいいですよね。
冬の北海道は寒いのでなるべく歩きたくないですし。

また、バスを多く使うところは雪道で遅れが生じでしまうので、バスは避けたいところです。

その点、函館湯の川温泉は、市電で移動できることと、函館観光がしやすこと両方兼ね備えている温泉街なんですね。

まとめ

・函館湯の川温泉は市電で行ける便利な温泉街
・函館観光と湯の川温泉セットで楽しめる
・秘境を楽しみたい人には向いていない

北海道のホテルと航空券を自由に選べるフリープラン、レンタカー予約できます【楽天トラベル】