北海道旅行がはじめての人のための旅行プランの立て方、ホテル、ツアー、観光、服装、靴情報

ホテル雲丹御殿!!北海道旅行で本気でウニを堪能したいなら利尻島へ行こう!!


利尻島にはいかにもウニづくしを堪能できそうな名前のホテルがあるんです。

その名も「ホテル雲丹御殿」!!

北海道利尻島もウニの産地で有名なんです。
北海道利尻島というと利尻昆布と利尻富士を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。

利尻島までは、稚内港からフェリーが一般的です。約1時間40分です。
時間のない人には、新千歳空港から利尻空港まで約50分です。あっという間ですね。

とはいえ、利尻島旅行はある程度日程に余裕のある人におすすめします。
東京から稚内空港までの飛行機を使って、稚内に入り、フェリーで利尻島に行くのもいいかもしれません。

利尻島で獲れる最高級品として有名なエゾバフンウニは、利尻昆布だけを食べているため、濃厚な味が堪能できるんです。

北海道旅行で本気でウニを堪能したいのなら利尻島にまで足を運んでも損はないでしょう。

もちろん、利尻島はウニだけではなく利尻富士の大自然や日本海のきれいな夕日などもあり観光を楽しむこともできます。

利尻島のおすすめシーズンは6月から8月までの夏でしょう。
そしてこの時期はウニのシーズンでもあります。

利尻島にその名もホテル雲丹御殿というウニ料理を売りにしているホテルがあります。
ウニの旬の時期には、殻を割ってそのまま食べられるそうで、新鮮そのものですね。

本当の生ウニが味わえます。 生ウニだけではなく、焼いたり、蒸したりといろいろなウニ料理が食べられます。

さすがに雲丹御殿というだけのことがありますね。

まとめ

・利尻島はウニ、利尻昆布、利尻富士で有名
・ホテル雲丹御殿では生ウニのほかに焼き、蒸しなどのウニ料理も味わえる
・利尻島へは稚内港からフェリーで1時間40分、新千歳空港から利尻空港へ約50分

一年中ウニが味わえるホテル雲丹御殿の予約と口コミはこちら【楽天トラベル】