北海道旅行がはじめての人のための旅行プランの立て方、ホテル、ツアー、観光、服装、靴情報

12月札幌の服装は?


12月の札幌の服装は、おしりが隠れるコートをおすすめします。
インナーは厚着しないようにしましょう。
靴はもちろん滑り止めのついたショートブーツがいいでしょう。

12月札幌の平均気温は?

気象庁 のホームページより

1981年~2010年までの札幌の12月の平年の気温は、
最高気温が2.1℃
最低気温が-4.1℃です。

-4℃と聞くととても寒く感じますが、札幌では-4℃は寒いうちにはいりません。 湿度が本州よりも低いのと、室内どこでも暖かいからです。

12月札幌の雪は?

雪は、12月上旬に一度降りますがどっさり雪が積もることはあまりありません。 一度雪が解けて、解けたところが凍ってブラックアイスバーンになりやすい時期でもあります。

12月中旬、クリスマス時期になると、今年は札幌雪が少ないよねと言っていても、 どかっと雪が降ってがっつり積もることが多いです。 12月20日前後から根雪になります。

最近は、札幌の積雪量が多くなっているような気がします。

12月札幌のコートとインナーのおすすめは?

12月の札幌は、まだもこもこのダウンコートまでは必要ないです。 厚手のウールコート、ダッフルコートでも問題ないです。 軽めのダウンコートでも大丈夫ですが、長時間外で観光する人は少し厚めのダウンコートのほうがいいでしょう。

寒いときは寒いのでお尻が隠れる丈のコートを選ぶといいです。 フードがついているほうが、雪が降ったときに便利です。

札幌では、雪が降っても雪がさらさらなので傘をさしませんから。

インナーは、フリースやネルシャツなどあまり厚着をしないようにしましょう。 ヒートテックなどの下着は必要ありません。

北海道に10年近く住んでいましたが、年中タンクトップやキャミソールで十分でした。

室内に関していえば、北海道よりも本州のほうが寒いです。 下着から暖かいものを着て重ね着をするのは本州です。

北海道の冬の服装の基本は、コートは厚めに、中の服は薄着にすることです。

12月札幌の靴のおすすめは?

12月の札幌はだんだん雪が降って積もってくる時期です。 スノーブーツまではいりませんが、滑り止めのついたショートブーツがベストです。

とにかく溝のある、滑り止め加工の靴を選ぶことです。

12月の札幌は、雪が少なくても道路が凍結しています。 滑り止め付きの靴がないと危険です。

まとめ

・12月中旬から札幌は本格的に雪が積もる。
・12月の札幌の服装は、厚手のウールコート、ダッフルコートで問題なし。
・コートはお尻が隠れる丈がおすすめ。
・12月の札幌の靴は、雪が少ないときでもアイスバーンのところがあるので滑り止め付きの靴が必要

冬の北海道旅行にぴったりのコートが勢揃い!ロングコート一覧【楽天市場】