北海道旅行がはじめての人のための旅行プランの立て方、ホテル、ツアー、観光、服装、靴情報

1月の北海道札幌の服装がわからない!!はじめての人の落とし穴


1月の北海道、札幌の服装は、本格的な冬服になります。
ただ寒いからといって本州のような厚着をすると失敗します。
本州とは違った北海道の冬の服装があります。

もちろん、靴は滑り止め付きが基本です。

1月札幌の平均気温は?

気象庁 のホームページより

1981年~2010年までの札幌の1月の平年の気温は、
最高気温が-0.6℃
最低気温が-7.0℃です。

1月の札幌は一年で一番寒い時期です。
雪も12月よりも多くなり、本格的な冬になります。
歩道と車道の間に雪の壁ができます。

こちらは平均気温です。 実際は、暖冬のときもあり、-10℃以下になることもあります。

1月の札幌の服装は何がいい?

1月の札幌の服装は、12月の札幌の服装とあまり変わりませんが、 コートは厚手のものを選ぶようにしましょう。

また、コートの丈は膝丈近くあるもののほうがいいです。

寒さが足からくるからです。
足と腰がどうしても冷えやすいです。

とはいってもスキーウェアのようなものは必要ありません。
街用のダウンコートがあれば十分です。

冬の北海道旅行はじめての人の服装の落とし穴とは?

北海道・札幌=寒い と考える人が多いと思います。

寒いからしっかり厚着をしないといけないと思っていませんか?

コートの中も厚着をしてしまう人が多いです。

下着も暖かいもの、セーターも着るというふうに、コートの中まで厚着をすると以外な落とし穴があるんです。

冬の北海道の室内はとても暖房がきいているので暑いくらいなんです。
コートの中から厚着をしてしまうと、コートを脱いでも暑くでしょうがなくなるんです。

そして、汗をかいてしまうんですね。
外に出るとその汗が冷えてかえって寒くなるんです。

冬の北海道札幌では厚着はコートだけにする

厚着をするのはコートだけにとどめておきましょう。

コートの防寒性を重視します。
本州のコートは防寒性のあるものとないものがあります。
厚手のものを選ぶと間違いは少ないです。

コートの中は暖房のきいた暖かい室内を想定します。
フリースで十分です。

外をよく歩く予定の人は、これにカーデガンなど脱ぎ着がしやすい服をプラスするといいです。

下着から厚着をしないようにしましょう。

まとめ

・1月の北海道札幌は一年で一番寒い時期
・厚着をするのはコートだけにする
・札幌の室内は暖房が効いて暑いのでコートの中は薄着にする
・コートは厚手のものを選び、防寒性を重視する

北海道発!雪道に強い滑らない靴が勢揃い!ブーツ冬靴一覧【楽天市場】