北海道旅行がはじめての人のための旅行プランの立て方、ホテル、ツアー、観光、服装、靴情報

2月の札幌の服装は?まだまだ寒いコートの選び方


2月の札幌は冬まっただ中です。
コートは長いものがおすすめです。
足と腰のあたりがとても冷えるからです。

2月の札幌は、さっぽろ雪まつりもあるので、本州からのお客さんが多いです。
さっぽろ雪まつりに行くときの服装は、こちらで参考にしていただけると幸いです。

2月札幌の平均気温は?

気象庁のホームページより

1981年~2010年までの札幌の2月の平年の気温は、
最高気温が0.1℃
最低気温が-6.6℃です。

最高気温の平均がプラス気温になってますが、私が札幌に住んでいた実感としては2月もマイナス気温がほとんどだった気がします。

本州では2月下旬になると春を感じることがありますが、札幌では2月はまだ春を感じることはありません。
雪の壁を見ながら歩く毎日が続きます。

2月の札幌は雪がどかっと降るよりも、根雪のまま過ごす感じがします。
雪道というよりは、ツルツルのアイスバーンの道です。

寒さが足元から上に上がってくるので、丈が長いコートを着るようにします。
腰と太もものあたりがコートで隠れると、暖かさが違います。

2月の札幌は、丈が短めのダウンを選ぶよりは、丈の長いダッフルコートのほうがいい場合があります。

本州のダッフルコートは厚手と薄手があるのでなんともいませんので、 できれば、丈が長いダウンコートを選ぶことをおすすめします。

特にさっぽろ雪まつり観光では、外にいる時間が長いため、少し厚着したほうがいいかもしれません。
とはいえ、あくまでもコートの話です。

コートの中はちょっと薄着かなと思うくらいで大丈夫です。

札幌の冬の建物の中はとても暑いです。
暖かいを通り越して暑いです。

マフラーを忘れずに

首と手と耳を暖めると暖かさの体感が変わります。
イヤーマフや帽子、手袋、マフラーを忘れずにすると防寒対策はばっちりです。

手袋は、毛糸素材よりも、外側が皮、中がボアのような風を通さず、内側が暖かいものがいいです。
毛糸素材の手袋だと寒さを通してしまうからです。

靴は滑り加工のものを選びましょう。

冬の北海道旅行で一番気をつけないといけないのは靴です。
間違ってもスニーカーはやめましょう。
たとえ溝があってもそれは雨用であって、雪用ではないからです。

スノトレのように雪用のものであれば問題ありません。

まとめ

・2月の札幌は雪の中
・2月の札幌の服装は、丈の長いコートを選ぶ
・帽子、手袋、マフラーで防寒対策をする
・コートの中は少し薄着かなと思うくらいで大丈夫

冬の北海道旅行にぴったりのコートが勢揃い!ロングコート一覧【楽天市場】