北海道旅行がはじめての人のための旅行プランの立て方、ホテル、ツアー、観光、服装、靴情報

フリース手袋では冷えます!!冬の北海道旅行にあった手袋とは?


冬の北海道旅行の必需品手袋ですが、東京など本州で使っている手袋だと北海道では手が冷えるかもしれません。 氷点下10度近いときもあるので、手袋も東京と同じというわけにはいかないんです。

フリース手袋や毛糸の手袋を普段使っていると思います。
このフリース素材や毛糸だと風を通すので寒いんです。

また、皮の手袋をしている人もいるかもしれません。
手袋の中がボア加工されていない手袋は、風は通しませんが、手は冷たいままで暖かくなりません。

札幌雪祭り、旭山動物公園と外の観光が多いのでどうしても防寒対策はしっかりしておきたいものです。

冬の北海道旅行にあった手袋とは?

冬の北海道旅行用の手袋としてスキー用の手袋を思い浮かべた人もいるかもしれませんね。 防寒性としてすぐれていますが、指を動かしづらいような気がします。

北海道に住んでいる人は、スキー用の手袋を街ではしないので、目立つかもしれません。

北海道に住んでいる人がしている手袋というのは、 外側が皮で内側がボアなど暖かい加工がされている手袋をしています。

ムートン手袋が多いですね。

ムートン手袋は外側が皮なので、風を通しません。
そして、内側がボアなのでとても暖かいです。
冬の北海道にはムートン手袋くらいの手袋ではないと手が冷たくなります。

札幌の街を少し見るくらいなら、建物の中が暖かいので、ここまでの防寒は必要ないでしょう。

長時間、外の観光をする予定の人は、手袋も暖かいムートン手袋を用意しておくことをおすすめします。

まとめ

・フリース手袋、毛糸の手袋は風を通すので寒い
・冬の北海道旅行に適した手袋は外側が皮で内側がボアなど暖かい加工がされている手袋
・長時間外の観光する予定の人は、ムートン手袋がおすすめ

冬の北海道の寒さでも大丈夫な手袋が勢揃い!ムートン手袋一覧【楽天市場】