北海道旅行がはじめての人のための旅行プランの立て方、ホテル、ツアー、観光、服装、靴情報

札幌観光はじめてだからどこ行こう? 王道4大スポット


札幌観光がはじめての人は、あそこもここも行きたいところがあって悩んでしまいますよね。
札幌観光といえばここといったベタなところを押さえておきたいところです。

まずは、札幌中心部ですべて徒歩圏の札幌観光王道4大スポットをご紹介します。 所要時間は半日かからないです。

札幌観光王道4大スポットとは?

・大通公園
・さっぽろテレビ塔
・札幌市時計台
・北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

大通公園

さっぽろ雪まつりのメイン会場、YOSAKOIソーラン祭り、ライラック祭りなどが行われるところです。

大通公園といえば、とうきびワゴンが有名ですね。
いわゆるとうもろこしです。

大通公園西端、西1丁目側にさっぽろテレビ塔があります。
大通公園の西端まで行ったら地下鉄西11丁目駅を利用すると便利です。

大通公園
住所:札幌市中央区大通西1丁目~12丁目
交通:地下鉄大通駅、地下鉄東西線西11丁目駅すぐ

さっぽろテレビ塔

札幌のシンボルタワー。
展望フロアからは大通公園が一望できます。

さっぽろテレビ塔のゆるキャラであるテレビ父さんのグッズも買えます。

さっぽろテレビ塔は地下街オーロラタウンとつながっています。
さっぽろテレビ塔は札幌中心街、大通公園にあります。

さっぽろテレビ塔
時間:9:00~22:00(冬期9:30~21:30イベントで変動あり)
休日:不定休
料金:展望台700円
住所:札幌市中央区大通西1丁目
交通:地下鉄大通駅すぐ
(東豊線大通駅よりの出口を使うと近いです。
南北線を利用した場合は、改札口を出て、地下街オーロラタウンを通り、突き当たりがさっぽろテレビ塔入り口があります。)

札幌市時計台

札幌=時計台のイメージが大きいのではないでしょうか。
札幌市時計台は、札幌市中心部のビル群の中にあります。
ですので、日本3大がっかり名所といわれることもあります。

場所は、大通から少し札幌駅よりに行ったところにあります。

札幌市時計台は館内も見ることができますよ。

札幌市時計台の写真を撮りたいときは、道路をはさんだところから写真を撮るときれいにとれます。 ただ、車がよく通るのでそれを避けるのがちょっと大変かもしれません。

札幌市時計台
時間:8:45~17:00
休館日:第4月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
料金:入館200円
住所:札幌市中央区北1条西2丁目
交通:地下鉄大通駅徒歩5分(地下街ポールタウンを通り出口16からが便利です)
JR札幌駅南口から徒歩10分

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

北海道旧本庁舎と呼ばず、赤れんが庁舎と言うことが多いです。
外観だけではなく、館内も見学できます。

建物好きには楽しめるところです。
1階正面ホール、2階の実際に使用していた執務室があった記念室があります。

時間:8:45~18:00
休館日:年末年始
料金:無料
住所:札幌市中央区北3条西6丁目
交通:地下鉄大通駅徒歩7分(南北線改札口北側出口5が便利です)
JR札幌駅南口から南方向へ徒歩10分

大通からの札幌観光王道4大スポットモデルコース

大通公園→さっぽろテレビ塔→札幌市時計台→北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

西11丁目からスタートしてもいいですし、西8丁目くらいから大通公園を歩いてさっぽろテレビ塔に向けて歩くといいでしょう。

赤れんが庁舎を見た後は、札幌駅方面に行ってもいいですし、大通方面に戻るのもいいです。

札幌駅からの札幌観光王道4大スポットモデルコース

札幌駅南口→北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)→札幌市時計台→さっぽろテレビ塔→大通公園

大通公園は、西11丁目まで歩いて帰りは地下鉄東西線西11丁目駅から地下鉄に乗ってもいいでしょう。 また、駅前通りのある西4丁目まで戻ってもいいです。

北海道のホテルと航空券を自由に選べるフリープラン、レンタカー予約できます【楽天トラベル】